医療現場で働く人たちを応援しよう

とよなか縁結実は医療者と市民が繋がる場です。
普段は医師や看護師や薬剤師などが市民の方々と交流し、市民の方々の健康意識を高めたり、不安がなくなるような関わりをしてくれています。私たちは街の中に医療者が身近にいることの安心を感じてもらう場所を目指しています。
今、皆様もご存知の通り、医療者の皆さんはコロナ対策の最前線で働いてくれています。医療崩壊しないように、それぞれの場所で最善の対応を考えて患者さんをケアしてくれています。そんな医療者の皆さんへ敬意や感謝の気持ちを込めて応援メッセージをお願いできたら嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします!

応援メッセージはこちら

※ メッセージは承認後に掲載されます。承認にはしばらく時間がかかります。


医療者へのメッセージ

  1. 医療関係者の皆さん、何時も我々の為に御自身の身体や心も疲労困憊されてるのに治療に専念されてる姿頭下がります。又、時には、心ない言葉で凄く傷付いていらっしゃるのは、テレビ等で、聞いて心傷みます。でも、私達はみかたです。色々沢山辛い事あるとは思いますが、看護師さんや先生方、御自身の御仕事に自信を持って誇りに思って下さい。私達に出来る事は、1人1人が考えて行動し、常に、医療スタッフさんが、いらっしゃるからこそコロナウィルスだけではなく、治療して頂いてる!という感謝の気持ちを持つ事だと思います。応援してます。どうぞ、くれぐれも御身体には気を付けて下さい。

  2. こんにちは、私は豊中とは程遠い、福島県に住んでいます。
    一人でも多く励ますことができればと思い、メッセージを送ることにしました。
    一般の人に比べ感染リスクが高いうえ、心ない言葉をかけられることもあると聞きました。
    そんな中で、命をかけ最前線で命をつなぐ仕事をしている医療従事者のあなたへ心から感謝を伝えたい。
    本当にありがとう。
    あなたのおかげで救われる命が、人生が、家族が、友人が、恋人がいます。
    救えなかった命もあるかもしれない。
    それでもあなたが献身的に看護する姿は亡くなった人たちの目にしっかりと映っていたはずです。
    がんばれ、と声をかけるのはとてもおこがましくて言えませんが、ただただ、本当にありがとうございます。
    私も自粛や感染対策を心掛け、募金などにも協力したいと思います。
    あなたが報われますように。

  3. 最前線で働いてくださっている医療従事者の皆さま、本当にありがとうございます。
    このコロナを通して自分の事だけでなく周りの人を大切にすることを学びました。奮闘されている皆さまの力になれたらと思いメッセージを送ります。
    感染リスクと闘いながら、懸命の思いで働いてくださっていることと思います。私たちにできることは、皆さまの思いを想像すること、そして力になること、感染者を増やさないことです。
    これに多くの人が気づけるように行動していきます。

  4. 現在デイサービスに勤めている看護師です。医療現場で働く全ての方々へ。本当にありがとうございます。日々の不安や日々の疲労とも闘わないといけない皆様に、私に何かできることはないかと思い感謝の気持ちを綴っています。ありがとう。ありがとう。ありがとう。

  5. 毎日、最前線で戦ってくださり
    ありがとうございますとお疲れ様です。
    私は百貨店に勤めており毎日、朝に朝礼を行うのですが感染対策について
    百貨店のマネージャーなどからの通達
    などで、みんながベクトルを合わせ守っています。
    医療従事者の皆様に家に帰って休む時間を心から望んでいます。
    これから冬本番になりますが一刻も早くの終息を願います。
    いつも、ありがとうございます。

  6. 医療関係の皆様
    先日体調を崩してしまい
    発熱で苦しいとき、コロナかもと不安な時、優しく声をかけてくれて丁寧な対応ありがとうございました。
    本当に心が救われたし、元気が出ました。
    そしてPCRも結果陰性で、安心しましたが、それと同時にハッとしました。
    現場の人は、ニュースで見る陽性者数字に加え、コロナ疑いの方と、通常医療の方への対応も続けなければいけないのか…と。しかもコロナの疑いがある限り、全ての人に通常より手間のかかる感染対策をしたうえで。
    普段の業務に加えてコロナ対策までとなると、とてつもない労力、コスト、ストレスがかかると思います。
    本当に本当に…大変なお仕事です。ありがとうございます。

    皆さんのおかげで、安心して生きていられます。
    どうか、ご自身のお身体もご自愛ください。
    一刻も早い終息を心から祈っています。
    私たちは、1人でも感染者を減らせるよう、自粛の徹底と周りへの呼びかけをしていきます!!

  7. 感謝の言葉が、重圧になりませんように!
    それでも、そこで働いていてくださることに、感謝を表さずにおれずに、こちらを訪れました。

    私は、コロナにかかりません!
    私の家族もコロナにかかりません!
    きっとそうします!努力します!

  8. コロナ感染のリスクを背負いながらの働きに感謝申し上げます。
    コロナウイルスは世界中で拡大して収束のめどがたっていません、その中でも一人一人がきちんと感染予防をして自分自身と他の人のためにも注意深く行動したいと思っています
    どうかご自身の健康管理にも気を付けてください。

  9. いつも本当にありがとうございます。連日続くニュースのコロナ禍で医療従事者の奮闘を見て、私も何か力になりたいと思い、医学部への再受験を控えているものです。医療者が今、この状況を支えてくれるので、日本もなんとかもっています。どうかいつもの何気ない日常が早く、戻ってきますように。

  10. 使命感をもち大切な命を助けるために頑張ってくださっているみなさんを尊敬するとともに大変感謝しております
    私も看護師です
    ナイチンゲールの言葉を思いかえしております

  11. いつもお疲れ様です.私は将来医師になりたいと考えている者です.
    皆さん苦しく辛い日々を送られていると思われます.そんな中でも医療を提供し続けていらっしゃる皆さんはとてもかっこよくて,本当に憧れます.自分も早くそんな医療を提供できる身になれるように邁進してまいりたいと思います.
    どうかお身体にはお気をつけて!頑張ってください!私たちはいつまでも応援し続けます!

  12. 人の命を救うために、自らの命を脅かす感染リスクの高い状況下で懸命に働いてくださっている医療従事者の方に心から感謝しています
    これからの未来が明るいものになるよう、私も徹底した感染対策を行なっています。
    少しでも当たり前のようで、大切だったあの日々が取り戻せますように
    お体に十分気をつけてください

  13. 自分の全てを差し出して人々を守って下さっている医療従事者の方々へ
    命の危険ととなり合わせの中、人々を助けて下さっている皆様には、感謝しても感謝しきれません。辛さを感じる時間さえ、ないかもしれません。
    どうか心と身体が守られ、一日も早く安らぎと心の底からの笑顔が戻りますように。
    そして「十分な報い」が与えられますように。

  14. 終わりの見えない膨大な作業に、日夜必死に取り組んでくださりありがとうございます。
    いつのまにか、桜が咲いて散り、蝉が鳴いて空が青く澄み、風が吹いて木々は赤く染まりました。
    みなさんが一日も早く季節の移り変わりを穏やかに眺められる日が来るように祈ってます。
    私自身は三密を避け、外出を自粛し、手洗いうがいソーシャルディスタンスを心がけて感染しないように気をつけます。
    みなさんの頑張りに力付けられます。
    「惜しみなく与える人は報われ、他の人をさわやかにする人は自分も爽やかにされる」
    私の好きな言葉を贈ります。
    現場のみなさんはほんとうに良くやっておられます。ありがとうございます。
    ご無理はなさいませんように。私の願いです。

  15. 毎日、忙殺な中で大切な命を守り、向き合って働いてくださっている医療従事者の皆様に敬意を表する気持ちでいっぱいです。
    報道で取り上げている以上にリアルの現場では、過酷な中で働いておられるのではないでしょうか?各地の病院へ感謝と労いのメッセージを送らせていただきます。この一年で私は、コロナ禍のニュースを見てて「誰かの努力のおかげで自分の生活や日常がある」事を改めて痛感しました。決して、当たりまえなんかじゃなった!!と噛みしめてます。家族や友人など身近な人へ心から「ありがとう」って言葉で伝えないといけない事、そして特に今は、医療従事者へ感じてます。
    『心地よい言葉は、蜂蜜のように甘くて健康に良い』と言う格言の言葉を思い出します。看護師や医師のスタッフの皆さん「本当にありがとうございます」心から言い尽くせぬ感謝でいっぱいです。

    皆さんにも大切な家族や家庭がある中で、市民の健康や福祉の面で先頭に立って行動して下さっている事、「本当にありがとうございます」お一人お一人に、どうかこの気持ち言葉が心に心地よく甘い蜜のように染み渡りますように。

    愛のエールは、力があると信じてます。何か皆さんの活力になったら嬉しいです。
    引き続き、お仕事頑張ってください!一市民の細やかなエールをと届けます。

  16. 感染症の新規患者数の増加に伴い 入院患者数や重症者数も過去最高を更新し続けているため 医療従事者の皆さんの精神的な負荷も大きな問題となっていることを見聞きし心が痛みます。
    常に緊張感・焦燥感を抱えながら診療に当たってくださっているため PTSDやバーンアウトを抱えている方も増えているとのこと。身を粉にして働いてくださっている皆さんに心から重ねて感謝申し上げます。
    「心はそれぞれ 自分の苦しみを知っている」という格言の通り 人の奥深くにある感情は いつも正確に言い表わせるとは限らず また他の人の気持ちをいつでも完全に理解できるわけでもないので 感情面でのサポートには限界があるというのは事実です。
    それでも 出来ることの一つとして 人と自分を比べることはせず 自分の価値をふさわしく評価し それを喜ぶようにするとよいとありました。どうか今後も お一人お一人の心と体のバランスを大切になさってください。

  17. 毎日お疲れ様です。お体に気をつけてください。
    ファイト!👍